「風待ち」と「風待ちデザイン」のロゴについて

「風待ち」という言葉の意味ですが、


【風待ち(かぜまち) - 意味】

・船が出帆しようとして、順風を待つこと。

・日本のロックバンド「GRAPEVINE」が2001年7月18日発売した11枚目のシングル。


フリーランスになる前に「日本語の屋号にする」と言うことだけ決めてました。高校時代から好きだったこの曲を思い出し「風待ちデザイン」としました。今は情報が溢れかえっていてスピードを求められる時代ですが、じっくり待つ事・余裕を持って考えることを大事したいと言う思いを込めています。



風待ちデザインのロゴについて

サイトをリニューアルしたのを機会に風待ちデザインのロゴを新しくしました。

「風待ち」の言葉一つずつにきちんと意味を持たせてデザインしました。


01.「風」ー 引き算でプラスにする

子供の頃から趣味で楽器をやっています。

大きい音を出したりフレーズや音を沢山重ねるより、

休符を入れて音を引き算が上手にできると、

全体的に足し算になることがあります。

これって、日常生活でも同じだと思います。

そんな引き算でプラスにする感覚をデザインする時にも忘れないように

「風」の文字の左側に休符・右に八分音符を足しました。


02.「待」ー 待つ

昔バイトしてたお店のからあげが美味しくて好きでした。

ある日、料理長に調理の秘訣を聞きました。

行った直後に「そんな秘伝を簡単に言う訳ないか」と思ったら、

「簡単だよ。待つだけ。」と一言。

「弱火の油で調理して上げて、皿に置いておくだけ。

 余熱でゆっくり中まで火を通すから柔らかいんだよ。」

と説明を聞きました。

その料理長が、店を始める前は船上コックをしていたというエピソードも知り。

当時、お世話になってた料理長にリスペクトを込めて、

船乗りの用語である「風待ち」という屋号にしました。その言葉の意味に沿って船を乗せました。


03.「ち」イルカ

元ネタとなった「風待ち」のCDジャケットには川内倫子さんが撮影したイルカの写真が使用されています。ひらがなの「ち」の形がイルカに似ていたのと、GRAPEVINEと川内さんへのリスペクトを込めてイルカをモチーフにしました。わかる人にはニヤッとするマニアックな意味も込めました。


0コメント

  • 1000 / 1000